読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れの中の一匹のトンボだ、俺は

炎天下の農道を歩いて只今、戻りました。頭クラクラ、脚はガクガク。早く室内用電動自転車を買わなくっちゃね。

農道でトンボの群れに取り囲まれた。それぞれが縦横無尽に勝手気ままに飛び交う。一匹一匹は編隊飛行のように一方向に向かって整然と並んで飛びはしない。それでいて群れから外れることはない。やがて群れは南から北へ飛び去った。

俺も縦横無尽に勝手気ままに生きている。皆が右だと言えば左へ行く。皆が安倍政権が好きだと言えば大嫌いだと言う。皆と一緒が嫌いだから町内会も退会した。

それでいて日本の国から外れることはない。やがて日本は戦争へのめり込んでいく。俺も戦時体制に組み込まれる。ついに爆死。俺も群れの中の一匹のトンボに過ぎないのか、嗚呼。

安倍総理の頑固さには腹が立つ。終戦記念日の式辞に大戦の反省が全く無い。誰が書いたのか知らないが紋切り型の原稿を軽薄にペラペラ。
それに対して天皇陛下は「深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い・・・・」と述べられた。

戦争を知らない国民に戦争の恐ろしさと愚かさを知って貰わないと取り返しのつかないことになる。知ってくれれば愚かな政権を選ぶ愚を避けることが出来るんだが。爺さんはいつも考えている。

 

f:id:Masachang:20160814123245j:plain

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村