読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドンキホーテにもなれない内弁慶の男

彼らは糸瓜のごとく風に吹かれて超然と澄まし切っているようなものの、その実はやはり娑婆気もあり欲気もある。競争の念、勝とう勝とうの心は彼らが日常の談笑中にもちらちらとほのめいて、一歩進めば彼らが平常罵倒している俗骨共と一つ穴の動物になるのは猫より見て気の毒の至りである。(我が輩は猫であるより)

 庭木の剪定一つ出来ない男が野の花摘んで一輪挿しに挿す。哲学紛いの本を読んだりブログを書いたりして超然としている。実用の役に立つことは何も出来ない。

毎朝、新聞が来るのを待ちかねて赤鉛筆で政治経済の記事に線を引く。天下国家に関する記事を好む。事件記事には全く関心が無い。

正義漢を気取り不正を行う者を憎むから腹の立つ記事を読んでは女房を相手に鬱憤を晴らす。デモに参加する気力も度胸も体力も無い。内弁慶なのだ。

つまら〜ん男だな! どこの男だ? オレだ。 

おい、中国との覇権争いは止めろっ! アメリカの尻にくっついて見苦しいぞ。

虎も嫌いだが虎の威を借りて威張ってる輩がもっと嫌いだ。都議連内田の後任幹事長とかアベ内閣のスガ幹事長とかヘドがでる。

 

f:id:Masachang:20160908180649j:plain

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村