読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロちゃんの教訓

本名は知らない。シロちゃんが見違えるほど元気になった。半年前のシロちゃんとはまるで別人のようだ。いや別犬のようになった。

散歩の道すがら初めて出会ったシロちゃんは痩せ細って毛並みが悪くヨタヨタ歩くのがやっと。今にも死にそうだった。

餌が悪いのだ。栄養のバランスを考えたドッグフードの時代だっていうのに。シロちゃんは家族が食べ残した白飯のみが与えられていたのだ。

いつ覗いても餌の器には大量の白米飯だけ。味噌汁も魚の骨すらも与えられていない。シロはいつも食べ残していた。

雑食性とはいえ元々は肉食性動物。炭水化物だけで健康に生きられるはずがない。犬にはタンパク質が必要なのだ。飼い主の無智には腹が立つ。

女房の唯一の趣味は近所の飼い犬におやつを与えることだ。現在5,6匹はいるかな。そんなことでシロちゃんが新しく加わった。

見かねた女房が散歩の途中にササミのおやつを一日も欠かさず10本ずつ与えて6ヶ月。シロは冒頭に書いたように見違えるように元気になった。毎朝千切れるほどに尻尾を振って出迎えてくれる。

やっぱり健康を保つには栄養バランスが大切なんだ。人間も同じなんだな。われわれもバランスのよい食事を摂って健康で長生きするぞ。シロちゃんが教えてくれた。ありがとシロちゃん。

f:id:Masachang:20160924101635j:plain
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村