読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一度味を付けた豆は軟らかくならない

午前3に起きる。五目豆を煮直している。豆が硬かったからね。炊事夫経験22年だがまだまだだね。

今日の朝食からパン食を中止して一汁一菜の和食に切り替える。常備菜もあるから正確には一汁二菜か三菜になるけどね。

女房はパン食を継続すると言うからそれもよかろう。個人の自由を尊重しよう。夫婦だって別の人格だからね。

やはり一度味を付けた豆はなかなか軟らかくならないもんだね。圧力鍋か。

けど他の具材がぐちゃぐちゃになってしまうかもよ。そうだソーダを加えて煮てみるか。

人間ってどこまで悪人になれるのか。金正男の毒殺事件だが。恐ろしい。権力者の残忍さは想像できない。

豆を煮ているような男でも権力者になれば残忍な人間に変質しちゃうのか。想像できないが。人間は恐ろしい。

べっぴんさんを見ながらお茶の一時、平和だなぁ。今日はどんな一日になるか。なるかじゃなくて、するかだろ。そっか。続きはあとで。

女房は美容院へ。白髪を気にしていたから染めるんだろ。白髪頭が羨ましい。俺は禿げだよ。

朝の散歩で摘んできた菜の花を豚肉と炒めた。庭にも栽培の菜の花があるけど野生のほうがほろ苦くて美味い。

 

f:id:Masachang:20170216132000j:plain

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村