盗人にも三分の理

盗人にも三分の理とは:

悪事を働いた者にも、それなりの理由はあるものだということ

篭池の真意を理解できないバカな記者が札束の中抜け(表と裏だけが1万円札)だけを執拗に追求していた。

返却しようとした100万円の札束が中抜けだろうが偽札だろうが関係ない。返却の行為自体が「盗人にも三分の理」のパフォーマンスなんだから。

返金パフォーマンスの動機は総理夫妻にハシゴを外された恨みと権力者の巨悪は追求されず小悪人だけが裁かれる社会への抗議に違いない。

篭池の真意を理解できないバカな記者が札束の中抜けだけを執拗に追求していた。記者やコメンテーターは現象の表面よりもっと本質に迫って欲しい。

安倍夫妻の関与は何ら解明されていない。官邸と官僚が寄ってたかって解明を阻んでいるからだ。

ヤクザノ世界では親分の悪事は全て子分が身代わりする。現政権も全く同じ。総理大臣の虎の威を借りた官邸(菅・萩生田)が人事権を武器に官僚を操る。

人事権を握られ忖度を強いられた官僚は率先して悪事を実行する。そして罪を被る。そして総理夫妻はのうのうと知らぬ存ぜぬの頬被り。ヤクザノ世界さながらじゃないか!

へそ曲がりで似非正義漢の爺さんは篭池を応援したくなる。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村