忘れて生きる

 

8年ほど住んだことのある秋田県が水害で大変なことになっている。万物の霊長と奢れる人類も自然の猛威には無力だ。

夜な夜な飲み歩いた川端のスナックバーやクラブの名も年を経る毎に霞んでしまい遂には忘却の彼方へ消え去った。

昼飯に通った秋田クラブのビーフステーキは美味かったなぁ。これだけは未だに憶えている。

転勤が決まり任地を去る日の秋田空港は吹雪だったが羽田経由で到着した新任地の鹿児島空港は鮮やかな赤いツツジの花が満開だった。遠い遠い日の思い出。

今日も炎天下を歩く。田子作スタイルで。夕食後2時間の血糖値は81mg/dl。下がり過ぎだな。

因みに余りの暑さに昼食後の歩行を中止して室内運動(片足立ち、四股を踏むなど)に励んだが血糖値は179mg/dl。思ったほど下がらない。

やはり歩くに勝る運動は無い。庭の水遣りを終えシャワーを浴びる。冷房の利いたリビングに扇風機の風に吹かれると極樂極樂。

人間は忘れるから生きていられる。今日もいっぱい思い出しいっぱい忘れて生きている。明日も。

 

f:id:Masachang:20170723165636j:plain

今日の不動岩

f:id:Masachang:20170723165641j:plain

f:id:Masachang:20170723165647j:plain

断末魔 アゲハチョウ まだ動いていた

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村